韓国人「経済不況 焼酎はもう高嶺の花です」

人気記事!

オススメ記事!

REDDITから「経済不況 焼酎はもう高嶺の花です」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://www.koreatimes.co.kr/www/biz/2024/01/126_367620.html

 

PR:

[UNあと一歩

とある韓国人の反応

火曜日、ソウルの富裕層が集まる瑞草区のレストランの外に展示されたメニューには、スーパーやコンビニで通常販売されている価格の3倍である6,000ウォン(4.49ドル)の焼酎が示されている。聯合

イ・ファヌ著

安価な蒸留酒であるソジュは、経済不況の際に多くの韓国人にとって悩みを解決する手段として頼りになる飲み物でした。

しかし、焼酎と景気低迷の間に一般に認識されている関連性は薄れてきているようだ。

韓国農水産食品貿易公社(aT)によると、2023年上半期の焼酎の小売売上高は1兆1800億ウォン(8億8416万ドル)で、前年同期比7.1%減少した。

このデータは、韓国がまれにみる1%台の経済成長、15年ぶりの高水準となる3.5%という基準金利、2004年以来となる2年連続の連続3%台のインフレに苦戦している中で発表された。 — およびその他の関連問題。

農業食糧農村省の管轄下にあるこの国営企業は、パンデミック後のサービス部門の回復が予想よりも遅かったことが焼酎の売り上げ減少の原因だとしている。

「回復の鈍さは、アルコールが売り上げのかなりの部分を占めるレストラン、パブ、カラオケバーで特に顕著だった」とaT氏は述べた。

サービス業の停滞の理由について尋ねると、従業員が仕事後の飲み会を避けるなど、パンデミックによる職場文化の変化を指摘した。

ドル円のピークを回避する為替オプション手法を紹介。 日本国内で事業を展開したのは2008年からで最初はFX取引サービスを提供し、徐々に外国株式の取引サービスなどにサービスを広げています。

 

 

 

管理人のオススメ記事!

韓国人の反応

 

とある韓国人の反応

レストランで5,000ウォンなんて冗談ですよ。

 

とある韓国人の反応

そんなにすんかいな

とある韓国人の反応

↑北米のレストランに輸出されて販売される場合は、17 ドル

とある韓国人の反応

キムチとか焼酎とかすべて輸出されている、国内需要が弱いからだ

とある韓国人の反応

そんなに価値ある飲み物でないのに、なんで

 

とある韓国人の反応

↑17ドルの焼酎と10ドルのビール(「少なくとも」大きい瓶のもの)

韓国人の反応「日本の若人が済州島の裏街に行って感動したこと 旅日記」

快適に読書ができる電子書籍のダウンロード販売サイトです。 毎週100タイトル以上の新刊をリリース! 購入した書籍は、50冊まで無料の「トランクルーム」サービスを併用すれば、 PCの買い替えやクラッシュの心配をすることなく、WEB上の本棚に安心して蔵書できます。

↓↓↓

とある韓国人の反応

↑そうだ、この前北米の韓国料理レストランに行ったら、ビールは10ドル以下だったけど、焼酎は17ドルだった(笑)。

アメリカ株式投資の基礎から学ぶ、NISA投資家ための基礎BOOK限定提供中本屋さんやAmazonなどでは購入できないインナーサークルの投資技法を学ぶNISAをまだしていない方 まずは、こちらで簡単に勉強できます

ROBOPRO公式サイト

 

とある韓国人の反応

↑江南のものは今6kです

とある韓国人の反応

↑アルコールを注文するのに忘れずに신분증を持ってくると6000ウォンかかります、コーラをもっと安く買えました

韓国人の反応「開発できなかったがん治療機器 数百億円の開発費で日本が成功」

とある韓国人の反応

弘大のパブで赤ワイン (ガトー ネグロ) のボトルを注文し、35,000 円を支払い、翌日 e マートで同じボトルが特別オファーで 5,000 未満で売られているのを見つけました。つまり、3倍の値上げはそれほど大したことではありません

PR:

とある韓国人の反応

よくマーケットの2倍でお店で出すといわれます

当サイトで紹介しましたこれらのコメントはできる限り忠実に翻訳を試みたものです。しかし、間違った表現や意図になってしまったと感じられた場合は、大変申し訳ございませんが、引用元をあたっていただくことをお願いいたします。

引用はリンクが切れていなければ、そのままアクセスできるように表示しております。リンクが引用元で切れている場合は、引用元の記事の削除などが原因と考えられますので、その際は予めご了承お願いいたします。なお、このサイトの運営は、韓国の人がどのような考えやニュースへの意見を持っているかを読者の方に知ってもらい、両国の友好関係を深めていただくためのチュートリアルとしての運営を心掛けております。

カテゴリーとしてスポーツから政治、経済、そして世界情勢を含むあらゆるジャンルの話題を取り上げております。

スポンサーリンク