韓国人「日本メーカーが韓国市場を抑えにかかった」

人気記事!

オススメ記事!

redditから「日本メーカーが韓国市場を抑えにかかった」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://www.reddit.com/r/korea/comments/188mkpj/the_effect_of_kdrama_and_kpop/

PR:

PR:

とある韓国人の反応

 

 

世界で一番乳糖不耐 だったのね、、、

アメリカ株式投資の基礎から学ぶ、NISA投資家ための基礎BOOK限定提供中本屋さんやAmazonなどでは購入できないインナーサークルの投資技法を学ぶNISAをまだしていない方 まずは、こちらで簡単に勉強できます

 

管理人のオススメ記事!

韓国人の反応

とある韓国人の反応

道理で牛乳なんて売ってないんだ

とある韓国人の反応

そのすきをついて日本が下痢しない牛乳を市場に出してきた

とある韓国人の反応

なぜ韓国人は乳糖不耐症なのでしょうか?

 

とある韓国人の反応

ヨーロッパ人のように適応しなかったからです…本質的に、大人ほど牛乳を飲むべきではありませんが

 

 

とある韓国人の反応

別の言い方をすると…

通常、人間は乳児のときにのみラクターゼという酵素を持っており、母乳を消化することができます。しかし、少数の個体は、成人になってから生涯を通じてラクターゼを生成できるようにする突然変異を持っています。

とある韓国人の反応

乳製品が入手可能な地域では、成人になってもラクターゼを生成する能力を保持していた人々は飢餓に直面する可能性が低く、突然変異を子供に伝えるのに十分な長生きをする可能性が高まった。

とある韓国人の反応

韓国のような地域では、乳製品は重要な役割を果たしていない可能性があります。

 

とある韓国人の反応

代わりに、彼らは飢えと闘い、生き残るための他の方法を見つけたようです。

 

韓国人の反応「開発できなかったがん治療機器 数百億円の開発費で日本が成功」

とある韓国人の反応

とても有益です、ありがとう。

 

とある韓国人の反応

キムチも。冬に野菜を手に入れる方法でした。発酵により長期間保存できるため、11月にはキムチ作りのシーズンがあり、ほとんどの家庭で冬に備えてキムチを準備します。11月22日は韓国と米国の両国で正式に「キムチの日」と定められている。

韓国人の反応「日本の若人が済州島の裏街に行って感動したこと 旅日記」

とある韓国人の反応

今日はキムチの日だったので外に遊びに行くことができず、代わりに母親がキムチを作るのを手伝わなければならなかったと友達に説明しなければならなかったのは、私にとって文化的な成長の瞬間でした(笑)

とある韓国人の反応

面白い。しかし、この理論はかつての遊牧地域を説明するものではありません

5%の投資収益を目指す元ヘッジファンド運用者の極意 オーディブルでもご提供

アメリカ株式投資の基礎から学ぶ、NISA投資家ための基礎BOOK限定提供中

本屋さんやAmazonなどでは購入できないインナーサークルの投資技法を学ぶ

 

とある韓国人の反応

カザフスタン 遊牧民の半分には牛乳が含まれています。私たちのレシピで最もよく使われるのは、肉、牛乳、小麦の順です。

 

とある韓国人の反応

それは実際には別のもので、どこで聞いたか思い出せませんが、それは彼らの生き方に関係があり、彼らが住んでいるバクテリアと環境が不耐性に対抗するようです

とある韓国人の反応

いやー、いいですね、いいですね!

問題は、カザフ人も他の遊牧民と同様に厳しい気候条件の中で暮らしていたということです。

 

とある韓国人の反応

そうですね、これらの国では乳糖不耐症の割合が低いという印象を受けていました。おそらく牛乳の種類と関係があるのでしょうか?

韓国人の反応「開発できなかったがん治療機器 数百億円の開発費で日本が成功」

とある韓国人の反応

カザフスタン人は生乳を決して消費せず、常に発酵させていました。

とある韓国人の反応

おそらく乳糖が減少したか、さらには除去されたと思われます。私たちがチーズを作り始めた理由もそこにあります。

当サイトで紹介しましたこれらのコメントはできる限り忠実に翻訳を試みたものです。しかし、間違った表現や意図になってしまったと感じられた場合は、大変申し訳ございませんが、引用元をあたっていただくことをお願いいたします。

引用はリンクが切れていなければ、そのままアクセスできるように表示しております。リンクが引用元で切れている場合は、引用元の記事の削除などが原因と考えられますので、その際は予めご了承お願いいたします。なお、このサイトの運営は、韓国の人がどのような考えやニュースへの意見を持っているかを読者の方に知ってもらい、両国の友好関係を深めていただくためのチュートリアルとしての運営を心掛けております。

カテゴリーとしてスポーツから政治、経済、そして世界情勢を含むあらゆるジャンルの話題を取り上げております。

スポンサーリンク