【韓国の反応】「韓国はいまの人口減少にも耐えられる!」「いや、無理だろ」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「人口減少のために国が滅びるということには同意できませんね。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3EFpZEP

 

とある韓国人

人口減少のために国が滅びるということには同意できませんね。

 長く書くのは嫌なのでできるだけ要点だけ書くけど、

1.人口減少速度は深刻だが、社会や経済の体制が適応できないほど早くはない。

2.人口が減って税収が減るのを心配しているが、実は現在も人口の半分は実効税率がゼロに近い(間接税を除く)。

3.現在の60-70代と30年後の60-70代は違う購買力を持つだろうし、これはデフレに向かうことを防いでくれる役割をする。

4.同じ脈絡だが、2050年代の60、70は今の老年層より高学歴の比重が高く、再教育後の再配置が可能である。年金の枯渇を防ぐため、長く働きながら支給時期を遅らせることは可能だ。

5. 多くの学者が雇用減少により2050年には世界人口の30%程度は実際に生産的な仕事をする職業を持てないと予想する。人口減少はこのような現象に対する解決策にもなり得る。(ジェレミー·ダイヤモンド社が予測している)

そして90年代末には「中進国の落とし穴に落ちてアルゼンチンはビリになる」と言い、2000年代後半には「中国と日本の間でナッツクラッカーになって台湾はビリになる」と言い、今は「ベネズエラはビリになる」と言っているが…。

これまでの勢いを見ると、簡単に滅びるほど 中途半端な人種ではありません。 韓国人は…。

自分も他人も、競争に勝つため努力することを当然に思っている、幼い頃からこれを身につけている人たちだからね。

ヘル朝鮮ではあるが滅びはしないようだ。

 

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

人口構造とインフレは、長期的に相関関係が非常に高いとされています。

つまり人口減少によって経済が深刻なデフレに陥るという意味とも同じです。

私は深刻だと思います。

 

 

とある韓国人

単純サービス職がキオスクに変わるのを見るとただ悪い事ではないが… 。

 

 

とある韓国人

結果的には崩壊しないということには同意します。

韓国は庶民が善良で暴動なんかないし、大企業もそれなりに上手くいっている. 大きな脅威要素はないですね。

ただ、老人の購買力や再就職が可能だとしても、結局、扶養費用が大幅に増えるのは仕方ありません。 体が老いるからです。

時間が経って逆ピラミッド人口構造問題まですべて解決すればその時は大丈夫でしょうが、その前までは苦しいかもね。

 

 

とある韓国人

これからの産業発展速度を無視した議論でしょう。過去には人口が足りない=生産可能人口が減っているといった意味でした。

ところが、これから産業構造は人口とは関係なく進められます。ロボットと自動化、AI、そして輸入人材が国内の人材と取って代わります。

人口減ると国が滅びるという話を見ると… カタールは、自国民より輸入人員が3倍も多いですが、豊かな暮らしをしていますよね。

私たちの子孫は今よりずっと豊かに暮らします。

一行要約:今すぐ自分自身の心配をしましょう。

 

 

とある韓国人

韓国の人口減少は世界で類を見ないほどなので全ての専門家が憂慮しています。

適応できないというほど早くはないという根拠は、どこにありますか?頭の中にだけですか??

 

 

とある韓国人

これから低開発国の発展がもっと遅れると言いました。

低賃金構造の産業がこれ以上人の手に頼らない時代が到来するとすれば、安い賃金にこだわって海外に進出する必要もないからです。

 

 

とある韓国人

経済学的に突っ込むところはおおいけど、それ以前にまず、30万年の人類史上このような人口出生率は存在しませんでした。

今、出生率がどの程度なのかというと、2100年くらいになると韓国の人口が1500万人ほどで、2300年には100万人にも満たないんです。

経済学的に考えるまでもなく、そのうち国そのものが人口0人になるということです。;;

 

 

とある韓国人

1、2、間違ってます。 有効納税する人々もすべて、税金取り立てのお年寄りに変わります。

3、間違ってます。 韓国人の老後準備は充実していません。

4 いくら引退時期を遅らせても、出生率が上がっていなければ、破局を数年遅らせるくらいにしかなりません。 韓国では人口減少速度がずっと早いです。

生産人口の減少が問題ではなく、被扶養人口があまりにも多くなるのが問題なので、あの上の書き込みも間違いです。

最初の問題は人口減少ではなく「超高齢化」です。 まるで、絶対人口の減少が問題であるかのようにミスリードするために、人口減少という用語を使いますが、絶対人口自体はあまり問題になりません。

扶養人口対被扶養人口の割合が凄惨になるのが問題だよ。

 

 

 

スポンサーリンク