【韓国の反応】「ソウル大学なら東京大学に引けを取らない」「MITやスタンフォードもな!」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「工科大学限定ならソウル大学は東大に大差はありません」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3CiVSST

 

とある韓国人

工科大学限定ならソウル大学は、東大と匹敵する

日本のノーベル賞受賞などは文系とか自然科学の方に多いが、それもちょっと前の話ですね。

最近のソウル大学教授たちの論文の実績や最近任用された人たちの水準を見ると、驚きますよ。

現職、アメリカのスタンフォード・ハーバード・MITの中の一つで研究員をしていますが、ここの新任教授たちと比べても大きな差はありません。

実際、工学部の世界ランキングを見ると、普通アイビーリーグの大学が多く入っているが、ソウル大学工学部は15-30位圏に位置しています。

歴史が短いというだけで、これから50~100年後の地位は随分かわるでしょう。

 

一方、東京大学は日本特有の留学を嫌う文化があり、自分たちだけでなんとかしようというマインドのために論文をあまり提出しませんでした。

ますます論文の実績が重要になり、最近はアジア圏内でもNUSNTUは発禁され、清華ソウル大学に抜かれたり抜いたりを繰り返しています。

 

 

 

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

申し訳ありませんが、本当にソウル大学の新任教授が MIT・スタンフォード・ハーバードの新任教授と同じクラスだとお思いなのですか?????

 

 

 

とある韓国人

定量的な実績では絶対引けをとりません。

もし、時間があるのなら、今年ソウル大学のKAIST機械科の新任教授とmitスタンフォード新任教授の平均実績を一度比較してみて?

驚くとおもいます。

 

 

 

とある韓国人

>>質的にはあまりにも違いすぎますよ。

業界にいらっしゃれば分かると思いますが、米国の2~30位に位置する大学の人でもソウル大学の教授になれます。

 

 

 

とある韓国人

漠然とした話ではあるが、東京大学とは比較する事ができないと思っていました。新しい事実ですね、工学を学んでいる人はどう思いますか?

ちなみに、十数年前から医学部に入る人ばかりになっていて、理系上位の高校生たちはみんな医学部に入っている。

こういう状況で工科大学の競争力は維持できているのでしょうか??

 

 

 

とある韓国人

アメリカ2~30位圏の大学で教授をしている方がソウル大学に行きたいのは韓国人だからです。

 

 

 

とある韓国人

>> よく理解していないようですね。

私の考えは、米国で2-30位圏の大学教授たちのほうが、ソウル大学の教授より優秀とういことです。

そしてMTI、スタンフォード、ハーバードをソウル大学と比較するのはちょっと。。。

ソウル大学で最上位圏の何人かの教授は確かにそのぐらいの実力があるかもしれませんが、平均でというのは流石に無理があるでしょう

 

 

 

とある韓国人

質的にも遅れはありません。

ソウル大学の教授になるためには、基本的に『サイエンスやネイチャー』の本誌や姉妹誌に論文を載せなければならない。

米国のスタンフォード・MITに任用される人にも同様の実績が必要となる。それ以上の実績というのもあまり作れないですよね?

 

 

 

とある韓国人

学生たちのレベルそのものもあるでしょうが、教授たちの研究能力は高いですよ。

それでランキングもいい順位になる。

基本的に、韓国の学生達は皆一生懸命頑張って賢いから、点数が何点か高い学生達が医学部に落ちたからといって競争力が弱まるとは思いません。

 

 

 

とある韓国人

最近、一番進歩した分野は機械工学のエンジンでした。

韓国のガスタービンが90年代に英米圏級の技術力まで追い上げてきたんです。

我が国は自立して使用できる実用工学に対して、恐ろしく投資して技術テックを高めていた。これに驚きました。

 

 

 

とある韓国人

>> そのとおりです。

韓国でノーベル賞が出ない一番の理由は、お金になる研究だけに投資をしているからです。

教授や学生のレベルを問わず、アメリカの場合はお金が多い学校も多い状況で、ありえない金額を研究に投資しています。1、2個だけでも成功すれば、凄いリターンが出るからです。

韓国も国家レベルではIBSなど課題がありますが、ごく少数の研究者に投資が回され、その他の多くは小型の課題や企業と共同で取り組む課題ばかりなので、狂ったコンセプトの研究結果は容易には出ません。

しかし、定量的な実績や論文のクオリティー(IFなど)を考えれば、米トップスクールには決して引けをとりません。

 

 

 

とある韓国人

>>今引退する教授たちと米国で引退する教授たちとは差があると思います。

ただ、新任の若い教授たちの力量には、私は違いがあるとは思いません。 アメリカの研究が成功するのは、アメリカはお金を持っているからです。

研究費に比べて、韓国は本当によく研究しているのです。

当然、ソウル大学工学部であれば、ユーフェンやブラウン程度の学校なら実績で圧倒できます。

 

 

 

とある韓国人

当然、韓国人ならアメリカアイビーリーグの教授であったとしても、ソウル大教授になれるなら、その地位を捨てて来る人も多いでしょう。

ソウルだと生活水準もアメリカの主要都市と比べて劣ってはいないし、人種差別を経験しなくて済むというのも有利な点だからね。

 

 

 

 

スポンサーリンク