●韓国人の反応「有料小便器で健康診断 韓国にまだないんだ」

人気記事!

オススメ記事!

redditから「有料小便器で健康診断 韓国にまだないんだ」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://betweenjpandkr.blog/post-26593/

 

まず、トイレを使った健康診断について考察してみました。

前提知識を把握したうえで反応をご覧ください。

 

トイレを使った健康診断について】

出所:精密工学会誌
―山崎 洋式 藤島 幸弘

在 宅 生体情報 測定

もっ と早 く異 常 を検 知(ス ク リーニ ング) し,改 善状 態 お よび改 善指標の管理(コ ン ト ロー ル)が で きれば,よ り容易 に また確実 に 健 康度 を回復 で きる.健 康 の領域 か ら外れ ない ように指標 をモニ ターする こ とと,元 に戻す ための指標 をモニ ターす る ことが で きれ ば,医 療 手段 を必 要 とせず に,健 康 度 を正 常 に保つ こ とがで きる.

病 気領域 でな いか ぎ り,家 庭や職場 や外 出先な どで普通 に生活 を送ってお り,検 査 のため に設備のあ る施設 に きて もらうこ とは期待 しがた い.し たが って在宅 で生体情報測 定す るこ とが必要 であ る.ま た苦痛 があ った り,時 間のか かる検査 は受け 入れ られ ないので,非 侵襲(体 に針 を刺 さ ない),非 拘束(体 を器 具 に縛 りつ けない),無 自覚(測 定 され ている ことに気 づか ない)が,生 体情報 測定 の継続 に 向け て不 可避 な条件 であ る.

とある韓国人の反応

中国では、小便器が有料で健康診断を行ってくれます。

なぜ、韓国ではできないの?技術の問題?

↑日本

管理人のオススメ記事!

韓国人の反応

とある韓国人の反応

「ジェームス、自分が癌であることをどのようにして知りましたか?」「トイレが教えてくれた。」"何?"

 

 

とある韓国人の反応

トイレ博士

 

とある韓国人の反応

これがスクラブのリファレンスであることを願っています。それが私が賛成票を投じた理由です。

 

 

とある韓国人の反

医者はこのトリックを嫌います

 

 

 

とある韓国人の反応

これらのマシンはまさに実際にそのように動作します。製薬会社はその結果に基づいて自社の医薬品を宣伝することができます。

 

とある韓国人の反応

この機械で前立腺がんの妊娠検査もできるのだろうか

 

とある韓国人の反応

妊娠検査と前立腺検査の両方を必要とする人の数はかなり少ないと思われます。

 

 

とある韓国人の反応

>IoT技術を持った人たちは、近いうちにどこかのデータベースで人々に警告を発するだろうと確信している

 

 

 

とある韓国人の反応

韓国ではできないのは、そういう発想が生まれていないだけ、技術はある

 

とある韓国人の反応

ユニークな発想力が必要だね

 

 

とある韓国人の反応

日本が初めで中国に行ったの? 

 

とある韓国人の反応

日本が初めで中国に行ったの?

↑韓国がアイデア出し、日本が商品化 中国が真似の流れ

 

 

 

とある韓国人の反応

そのパターン多いよね

 

 

 

とある韓国人の反応

現代の臨床検査の尿検査は、1 時間あたり数百のサンプルを処理する機械で行われます。大規模な研究室では、1 日に何千ものサンプルを処理できます。

各サンプルの間に、マシンはキャリーオーバーを防ぐために少量の液体ですすぎました。バックグラウンドカウントが許容範囲内にあるかどうかを確認する品質チェックと、結果が正確であることを確認するチェックがあります。一部のパラメータは、プールの水のテストストリップに似たストリップリーダーを使用して測定されます。一部は小型レーザー装置で測定されます。

 

 

とある韓国人の反応

分析に必要なサンプルサイズは非常に小さい(ミリリットル)ため、洗浄量も非常に少なくなります。

血液学、凝固、化学、その他の検査のための血液は、非常によく似た装置で基本的に同じプロセスです。

 

 

当サイトで紹介しましたこれらのコメントはできる限り忠実に翻訳を試みたものです。しかし、間違った表現や意図になってしまったと感じられた場合は、大変申し訳ございませんが、引用元をあたっていただくことをお願いいたします。
引用はリンクが切れていなければ、そのままアクセスできるように表示しております。リンクが引用元で切れている場合は、引用元の記事の削除などが原因と考えられますので、その際は予めご了承お願いいたします。なお、このサイトの運営は、韓国の人がどのような考えやニュースへの意見を持っているかを読者の方に知ってもらい、両国の友好関係を深めていただくためのチュートリアルとしての運営を心掛けております。

カテゴリーとしてスポーツから政治、経済、そして世界情勢を含むあらゆるジャンルの話題を取り上げております。