韓国人「ゴミ捨て場に出したゴミにラベルを貼られて戻された 日本在住」

人気記事!

オススメ記事!

redditから「ゴミ捨て場に出したゴミにラベルを貼られて戻された 日本在住」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://www.reddit.com/r/askjapan/comments/1ac93kd/how_do_they_know_my_name/

 

PR:

PR:

とある韓国人の反応

昨日の夜、彼女の家の近くのゴミ収集場所にゴミを捨てたら、今日になってドアの外に出したはずのゴミ袋が置かれていた。
しかもゴミ袋にはラベルが貼られていて、そこには私の名前が書いてあり、「あなたのやったことは不法投棄です。次やったら警察に通報します」と書かれていた。

問題は一体何が駄目だったのか分からないということだ。
ゴミの分別が正しく行われていなかったのだろうか?
それともゴミを出した時間がまずかったのだろうか?
そして最も気になったことだけど、ラベルを貼った人はどうやって私の名前を知ったのか?

ドル円のピークを回避する為替オプション手法を紹介。 日本国内で事業を展開したのは2008年からで最初はFX取引サービスを提供し、徐々に外国株式の取引サービスなどにサービスを広げています。

 

 

 

管理人のオススメ記事!

韓国人の反応

とある韓国人の反応

    1. 日本はまず4ーから今は、誰かがゴミ箱を開けて適切に分別されているかどうかを確認した可能性があるね。

とある韓国人の反応

ゴミの中を漁ってあなたの名前を見つけた可能性が高い。

 

とある韓国人の反応

他人の出したゴミを漁るのは違法ではないの?

 

とある韓国人の反応

川崎に住んでいた時、ゴミを置き場の近くに住んでいたお爺さんも同じことをしてたよ。
彼はゴミを漁って名前の入ったゴミを探していた。

とある韓国人の反応

    1. いつも外でゴミを漁ってたから、私は彼のことをビン・ガイ(ゴミ男)と名付けていたものだ。

とある韓国人の反応

↑日本の仕事を引退した老人の中にはかなり面倒な人もいる。

とある韓国人の反応

彼らは日本の警察で最も有能な部署にいるゴミ系と言われているそうだ wwww

韓国人の反応「バブル期のコミュケってすげーねーーーー 」

とある韓国人の反応

さか誰がゴミを出したのか特定する為にゴミ袋の中を漁る人がいるなんて想像もしていなかったよ。

 

とある韓国人の反応

↑自分の住んでるとこだとそれは難しい。
だって午前4時にゴミ収集車が来てしまうのだから。

韓国人の反応「日本の若人が済州島の裏街に行って感動したこと 旅日記」

快適に読書ができる電子書籍のダウンロード販売サイトです。 毎週100タイトル以上の新刊をリリース! 購入した書籍は、50冊まで無料の「トランクルーム」サービスを併用すれば、 PCの買い替えやクラッシュの心配をすることなく、WEB上の本棚に安心して蔵書できます。

↓↓↓

とある韓国人の反応

ゴミ収集場には回収車が2回来ることもあったと思うけどな。

とある韓国人の反応

      1. 北朝鮮政府が一体どれだけの金と時間を費やして偽のシナリオを作っているのか理解できないね。

アメリカ株式投資の基礎から学ぶ、NISA投資家ための基礎BOOK限定提供中本屋さんやAmazonなどでは購入できないインナーサークルの投資技法を学ぶNISAをまだしていない方 まずは、こちらで簡単に勉強できます

ROBOPRO公式サイト

 

とある韓国人の反応

日本のお爺ちゃんお婆ちゃんの行動力には本当に驚かされるよね。

韓国人の反応「開発できなかったがん治療機器 数百億円の開発費で日本が成功」

とある韓国人の反応

日本で生活する上で知っておくべき重要なことが一つある。
それは「壁に耳あり障子に目あり」ということわざだ。

PR:

とある韓国人の反応

皆見ていないようで見ているということ。

当サイトで紹介しましたこれらのコメントはできる限り忠実に翻訳を試みたものです。しかし、間違った表現や意図になってしまったと感じられた場合は、大変申し訳ございませんが、引用元をあたっていただくことをお願いいたします。

引用はリンクが切れていなければ、そのままアクセスできるように表示しております。リンクが引用元で切れている場合は、引用元の記事の削除などが原因と考えられますので、その際は予めご了承お願いいたします。なお、このサイトの運営は、韓国の人がどのような考えやニュースへの意見を持っているかを読者の方に知ってもらい、両国の友好関係を深めていただくためのチュートリアルとしての運営を心掛けております。

カテゴリーとしてスポーツから政治、経済、そして世界情勢を含むあらゆるジャンルの話題を取り上げております。

スポンサーリンク