韓国人「世界に16しかない “夢のがん治療設備” 、韓国初導入決定!」「気になるお値段は…?」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「夢のがん治療、3月から実施」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3WBL1wI

 

とある韓国人

夢のがん治療、3月から実施

装備価格1500億、設備1500億、計3000億が投入される。

治療センター装備の中で単一機械としては最も高価なので全世界的にも16のセンターしか保有できないほど夢の治療器。

今年3月から前立腺がんを皮切りに下半期には肝臓、大腸、膵臓などすべてのがんに拡大する予定だ。

 

長所:重粒子治療は光の速度70%程度の放射線エネルギーを起こし、正常細胞はそのままにしておいた体のがん細胞dnaだけを特定して湿布して取り除く。

従来の標準抗がんや放射線は、正常細胞や臓器にまで侵入し、2次3次問題と指摘されたが、重粒子治療はそのような心配をする必要がないというのが長所だ。

世界中の重粒子治療報告書によると、前立腺がん100%、肝臓がん90%、肺がん80%の完治率を見せており、再発した癌でも45%水準まで完治可能。

手術不可の3期以上肺がん患者に重粒子治療を実施した結果、5年生存率が従来の10%台から53%まで向上したというデータ結果が出た。

従来の放射線治療に比べて回数は1/3水準で、治療時間も2~5分前後と短く、嘔吐脱毛疲労などの副作用もなく、生活の質の低下も大きく問題にならない。

 

短所:費用がとてつもない。

1回当たりのドイツは2億台、日本は1億台ですが、我が国は5千程度と予想され、今後保険給付が適用されれば算定特例として5%だけ負担すれば良いが、これは少なくとも5年以上かかると予想され、何より全国のがん患者は予約するためには1年以上待たなければならない。

 

…とにかく金持ちで長生きしたい人には朗報です。

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

すごい!!!

 

 

とある韓国人

私たちの世代では無理だね

 

 

とある韓国人

こういうのを見ると遅く生まれるのが、こういう恩恵を受けるといいと思う。

 

 

とある韓国人

もう癌もほぼ征服段階のようだ

 

 

とある韓国人

保険給付にならないと意味がないんですね。

超特急金持ちじゃなければ事実上予約も大変で…。

そして今、遺伝子免疫抗がんで各種癌の生存期間が最近大きく伸びた。

3期以上も5年以上生きる場合が多い。

 

 

とある韓国人

がんになって転移したら本当にお金持ちは日本に行けばいいですね。

一発で1億なら約10億分すると考えればいい。

 

 

とある韓国人

>>どうやらそうだと思う。

最も重要なのが給与部分だが、これが解決しやすい問題ではない。

そして装備は固定型1台、回転型2台、計3台ですが、下半期からは3台とも稼動できるそうなので、今より難易度は簡単だと予想。

 

 

とある韓国人

セブランスじゃないですか?

早くできることを願っていたんですが

 

 

とある韓国人

>>00セブランス

 

 

とある韓国人

3兆なら10台もっと入れることができるんだけど…

 

 

とある韓国人

標的抗がん治療といいます。

保険に入っておけば治療を受けることができます。

各社の保険会社にある担保庫で、保険料もあまりかかりません。

各種癌診断資金保険をたくさん入れる理由が癌は治療費が高いからです。

 

 

とある韓国人

金持ちだけがもらえるのではありません。

 

 

とある韓国人

標的抗がんと重粒子治療は概念自体が違う。治療法も治療法ですが、一応金額から比較対象ではない

一般的に特約を入れると、標的抗がんは5千韓度がマキシマムですが、重粒子治療は1回当たり億単位であり、総限度範囲を軽く超える。

重粒子治療が保険になると保険会社は倒産する従来の代表的ながん特約である標的抗がん治療、抗がん放射線薬物治療、陽子治療、強さ調節放射線治療、、、

このように細分化した理由はすべてそれだけの理由があるからだ。

保険会社が慈善団体や馬鹿ではない

 

 

とある韓国人

約20~30年後にはもっと安くなるだろう。

 

 

とある韓国人

以前から癌患者さんたちあれをもらいに日本によく行きました。

 

 

とある韓国人

災難支援金のような狂ったことをせずに ああいうことを導入すべきだった。

 

 

とある韓国人

医療保険かどうかよりも、一応治療方法ができたということに意義を置かなければなりません。

 

 

スポンサーリンク