韓国人「個人で見ると韓国人が日本人より優れているのに、なぜ日本の方が先進国なのでしょうか?」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「なぜ韓国より日本の方が先進国なのでしょうか。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3HdklxH

 

とある韓国人

なぜ韓国より日本の方が先進国なのでしょうか。

人1人1人、個人で見ると、私は韓国人が日本人より優れていると思います。

でも国家的に見れば日本の方が優れているのがファクトです。

この差はどこから出るのだろうか。

原因を探せば結局近現代の歴史を学ばなければならないが、日本は明治維新がいて。

韓国は日本の植民地だった。

ここから最初のボタンから間違っている。

人種的優劣の関係というより国によって違いが生じたようです。

…皆さんの考えは?

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

日本の民度が高いようですが… それで先進国のように

 

 

とある韓国人

結局、国家骨格を見なければならないのですが、原因は明治維新にあります。

 

 

とある韓国人

国富が多く、ほとんどの国で先進国として認められていますから。

 

 

とある韓国人

>>しかしながら私たちもそのクラスに上がっています。

 

 

とある韓国人

だからその原因が明治維新にあるということです。

–韓国人より一人一人を考えれば、これといって優越することのない日本人の国が、低利先進国になったのは…。

 

 

とある韓国人

日本の近代化は1860年代の韓国の近代化は韓国戦争後の1953年に差が出るのが普通ですが?

むしろこの程度追いついたのが奇跡に近いです。

 

 

とある韓国人

朝鮮にも西洋を学ぶ機会はありましたが、既得権が学ぶつもりはありませんでした。

日本は西洋に殴られながら学び、早く近代化を成し遂げました。

さかのぼると明治維新が第一歩ではなく、文禄·慶長の役、あるいはその前から確かに国力が傾いていました。

文禄·慶長の役に勝ったと言いますが、日本は陶工を連れてきて陶磁器を売って富を蓄積していきました。

朝鮮はその後も清に苦難を経験し、いろいろな面で暗黒期を過ごした時間が長すぎました。

 

 

とある韓国人

韓国の近代化は、日帝時代にすでに基礎と骨格を備えていました。

何が6.25から始まるんですか。

日本が上下水道施設を整備し、鉄道を敷いてインフラを建設した

 

 

とある韓国人

もうそろそろ親日たちが集まってきて日本人が優秀だというコメントが上がってくるだろうね。

 

 

とある韓国人

>>親日たちはただファンタジーの中にはまって暮らすオタクたちです

 

 

とある韓国人

日本も明治維新前には未開だったのは同じです。

朝鮮と日本の文明をきちんと分けたのは明治維新後ですね。

 

 

とある韓国人

世界中が日本=先進国として見ましたね。

 

 

とある韓国人

>>親日出ました!先進国の基準をどこに置くのかそこから調べなければなりませんね。

 

 

とある韓国人

>>何をどこに置くってどこに置くんですか。

誰が見ても日本は先進国ですよね。

 

 

とある韓国人

まぁ、私が韓国人なので、反日が多少添加されましたが、私は韓国人が日本人より劣っているので、国がそうだとは思わない立場ですし。

主観的な考えが入ったが、一人一人で言えば韓国人の方が日本人より優れていると思う。

まあ、それは私が韓国人だからそう思っているのかもしれません。

多少偏向的な考えではありますが、私が韓国人なので本能的に自尊心を維持しようとするメカニズムが入っているかは分かりませんが、一人一人で考えると私はそうです。

 

 

とある韓国人

南漢山城の映画を見ながら、朝鮮がなぜ滅びるしかなかったのかと思うようになりました。

実利より名分がもっと重要で、世の中を眺める識見が狭かった気がします。

もちろん朝鮮にも改革をしなければならないという知識人はいたことはあります。

彼らが主流になれませんでしたが。

日本の明治維新が成功したのは、そのような知識人が積もる時間が日本にもっと多かったからだと思います。

朝鮮は自ら井戸の中の蛙になることを自任していたので、世の中がどのように動いているのかを知りませんでした。

 

 

とある韓国人

西欧近代の学問、航海、機関と制度、帝国運営術まで学び、日本は西洋のような近代国家になり、私たちはそれを軍部エリートと識者を通じて伝授されたが、

李会昌(イ·フェチャン)落ちてから30年間脱近代だけを学び、国家も知らない醜い教育が崇められた傾向が…。

 

 

スポンサーリンク