韓国人「在米韓国人、出生率・自〇率が人種別で最高を記録してしまう」「移民ならではの閉塞感が原因か」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「アメリカ内の韓国人。 出生率最低」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3Aq0Y0L

 

とある韓国人

アメリカ内の韓国人。 出生率最低

「米州中央日報:韓国人の自〇率、人種別最高…90%移民者

韓国人の自〇率が高い理由として“文化”が挙げられる。

精神健康相談専門家によれば“移民社会の閉鎖性と価値共有の不在”が韓国人を極端な選択へと追い込んでいるという…」

「米州韓国日報:韓国人の自〇率、人種別最高…死亡要因の4.4%

このように韓国人は自〇と関連して専門機関を通じた相談を受けることを“恥ずかしい事”または“変な事”と考える人が多く…」

「米州韓国日報:韓国平均出生率0.82人“人種別最低”

米州韓国人男性1.5歳(13歳以前に移民)と2歳(25~34歳)の結婚パターンを比較した結果、結婚比率が男性30%、女性43%で女性が13%ポイント高いと…」

 

この辺になると不動産とかジェンダー葛藤とか問題じゃないみたいですが..

さらに、北朝鮮も後進国の中で出生率が最低水準、朝鮮族も中国民族別出生率の中で最下位圏だ。

韓国人が同じ東アジア人の日本、中国人よりも現在の生活に不満があり、豊かに暮らしたいという欲求と基準が高いようです。

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

お金の問題ではありません。

元の所得と出産率は反比例

 

 

とある韓国人

少なくとも不動産よりは男女葛藤の方が文化に近いです。

 

 

とある韓国人

しばらく日本人として暮らした日帝強占期に人口が増えた理由があったんだね–

 

 

とある韓国人

アメリカでは韓国人だけ男女葛藤があるんですか。

あり得ないことを言うね…

 

 

とある韓国人

>>これカナダとオーストラリアでも韓国人が出生率ビリ。

 

 

とある韓国人

本当にこれはうんざりするほど上がってきますね。

あれで韓国出産率0.8シールドしようとするのはでたらめです。

あの資料は移民者など特殊階層に対する調査なので、黒人や白人の出生率も低く見積もられています。。

 

 

とある韓国人

比較文化、他人の顔色をうかがう文化捨てられないからかな。

 

 

とある韓国人

文在寅支持者たちが出生率で悪口を言われると、

「もともと韓国人の出生率0.8なのだ。

文在寅時の不動産問題などとは関係ないのだ」と扇動しているのが現実。

出生率最下位の水準であるのは、李明博朴槿恵の時の出生率1点序盤の時も同じです。

誰が単純に最下位レベルだと何と言いますか。

底を突き抜けて0.7まで暴落させたから悪口を言うんです。

 

 

とある韓国人

香港、台湾、韓国、日本… 4カ国出身が最下位。

 

 

とある韓国人

台湾も出生率を心配していて、中国は人口減少中。

それでも日本がその中で一番いい

 

 

とある韓国人

文在寅時の不動産暴騰、若年層所得悪化、ジェンダー葛藤が明白な原因です。

このファクト何とか隠そうと変なことを言う支持者が多い。

繰り返しますが、アメリカ韓国人0.8資料は特殊階層に対する調査で、白人黒人も元のアメリカ出生率よりはるかに低く見積もられています。

 

 

とある韓国人

不動産問題ですと、イ·ミョンバク政権の時に不動産が下落していた時期に出生率が下がっていることを説明できません。

不動産とは関係ありません。

今年不動産かなり多く下落していますが、出産率が上がったりしましたか?関係ありません。

 

 

とある韓国人

日本がアジアで長期的に展望が一番いいですよね

 

 

とある韓国人

不動産が一番上がった政権がパク·ジョンヒ、ノ·テウ、イ·スンマン政権の時です…

それから、この政権の時の出生率はかなり高かったです…。

この時期に経済成長率が高かったとはいえ、不動産の上昇とは比べ物になりません。

経済成長率が7%、8%のとき、不動産上昇率はそれの数十倍でした。

比較自体ができません。

人口数3000万から5000万と最近まで増え続けました。

そして、その間に不動産は数百倍上がりました。

不動産が安定した時期に出産率が上がったか探してみてください。

全然そうじゃないです。

不動産が上がることで非難しなければならないので、あれこれ全部貼り付けるだけです。

 

 

とある韓国人

米国の韓国人所得がかなり低いスリランカ出身にも負けてしまう韓国人…

 

 

とある韓国人

もはや韓国の終焉を見た気がする

 

 

スポンサーリンク