韓国人「1980年代から “韓国はオワコンになる” と言われ続けた結果…!」「勝者は韓国でしたね」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「韓国が1980年代から滅びるという言葉が出ていましたか。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3TBJtSI

 

とある韓国人

韓国が1980年代から滅びるという言葉が出ていましたか。

1980年に私が生まれました。

1979年に世界初の全自動工場が日本に建設されたので、その時から滅びるという声が出るに値する気もしますね(もちろん全面自動化工場は今も時期尚早で、その時も失敗だったそうです)。

アダム·スミスは、人間は誰もが今より豊かに暮らそうとする欲望を持っており、これが発展の原動力であり、少なからぬ道徳の根源だと言いました。

これは終わりがないしかないでしょう。

韓国はロボット密度世界1位の国で、グラフェン開発で海水淡水化のコストパフォーマンスが良くなる予定ですし、核融合や逆老化でも一翼を担っています。

よりマクロ的に考えてみると、宇宙でしか観測できない宇宙がありますが、その宇宙は宇宙に介入することはできるという仮定を人工知能が論破できるのでしょうか。

論破できなければ人工知能も神を期待するしかないし、それなら人類によくしてくれるのではないでしょうか。

希望が少しはあると思います。

これはもちろん精神勝利ですが、少なくとも精神健康には良いでしょう。

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

私の記憶では、8090年度にはそう言われた記憶がないと思います。

 

 

とある韓国人

>>あなたいつの時代の人でしょうか

 

 

とある韓国人

韓国は出産率だけをキャッチすれば問題ありません

 

 

とある韓国人

>>出産率問題で最も深刻なのは見えないのですが、軍を全面機械化させて母兵制転換すれば道はないでしょうか。

産業問題は今でも全国民のうち約2600万人の就業者ですが、すべての人間が就職するわけではないという点を考えれば重大な問題になるかと思います。

20代にも基礎生活受給者がいますからね。

4次産業で人材が高度化しています

 

 

とある韓国人

韓国人は世界のどの国よりも頭は良いです。

 

 

とある韓国人

そのような声はいつも出てきたでしょう。

しかし、無視できるほどのレベルでした。

しかし、最近は本気でかなり深刻に見えます。

 

 

とある韓国人

産業は米国の中国圧迫で時間を稼いだという感じをたくさん受けますね。

 

 

とある韓国人

出産率問題の核心は需要の減少です。

経済が崩れるという話ですね。

現代経済の核心は需要です。

 

 

とある韓国人

技術の発展は人口構造の変化よりも速くはありません。

メルサストラップという概念は有効です。

人間だけでなくすべての生命体に適用される話ですが、該当オブジェクトが好況を享受すると、まもなく資源の限界を経験し、その個体が急激に衰退します。

国もそうです。

 

 

とある韓国人

>> まだ第三世界の国々は多くの子供を産んでいます。

つまり、まだ全人類的に見れば拡張社会です。

もちろん、韓国のような先進国は収縮社会に転換されていますが、逆老化が私の時に出てくると、需要問題は一気に解決されます。

そして海水淡水化技術や相当数の半導体などはB2Bなので人口自体の需要問題があります。

 

 

とある韓国人

軍は問題ではありません..生産人口は問題です。

 

 

とある韓国人

20-30年後部軍はロボットが守ることもできます。

 

 

とある韓国人

日本で考えればいいです。

今後30年間、一人当たりgdpは35000水準にとどまり、国家競争令、gdpは4~10段階墜落します。

実質経済成長率は0に収束するでしょう。それだけです。

 

 

とある韓国人

滅びるのではなく、経済属国になるでしょう。

半導体、バッテリー、自動車、ヨーヨー3つだけ耐えば、それほど簡単に崩れそうにはありません。

もちろん、中国と競争しなければならない膨大な負担がありますが、台無しになるレベルまでは行くようではありません。

家計負債が爆発したら、一旦大きな渦に入るのは明らかです。

 

 

とある韓国人

日本のように金融成長し、朝鮮、鉄鋼などは技術で熱心に受けて食べて自動車半導体は現状維持でもすれば事実大ヒットです

 

 

スポンサーリンク