韓国人「出生率問題解消のカギは日本にあり!」「韓国には応用できませんよ」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「出生率問題を解決するためには、「第2の第3の都市」を作らなければなりません。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3LQWELR

 

とある韓国人

出生率問題を解決するためには、「第2の第3の都市」を作らなければなりません。

第2、第3というのは単なるソウルの支流ではなく、

ソウルとはまた違った魅力を持っていながら、かなり規模のある都市です。

それでこそ出産率が解決される糸口が見つかりそうです。

アメリカや日本を見ても、ニューヨーク、東京以外にも魅力的な都市が多いです。

LA、サンフランシスコ、ボストン、シカゴ、ヒューストン、日本だと大阪、福岡、横浜、名古屋など、

韓国は釜山圏をもっと拡大してもよさそうな気がする

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

できません

 

 

とある韓国人

韓国は小さい国だから。。

 

 

とある韓国人

人口も少ないので、無理でしょう

 

 

とある韓国人

>>地方はむしろ、政府が主導して消滅させなければなりません。

 

 

とある韓国人

内容自体はあってます。

ただ具体的な方法がないだけ。

 

 

とある韓国人

他国で人為的にその内容をやり遂げた外国があるのか気になりますね。

 

 

とある韓国人

ブールギョンを育てればいいのに、他の地域がじっとしていないから問題ですね。

 

 

とある韓国人

そもそも新都市政策は間違っている。

後に京畿道の人口は2500万人まで行くとみられる。

 

 

とある韓国人

首都圏以外に税金を使ったらみんなお金もったいないと言うからね

 

 

とある韓国人

産業構造が固着化されてもう不可能

 

 

とある韓国人

>>韓国大企業は社会的発言権が強い社会では仕方がない。

もう終わりに近づいている国…(笑)

 

 

とある韓国人

生活圏域の小さな国で、あまり意味のない議論だと思います。

 

 

スポンサーリンク