韓国人「K-防疫ってあながち悪くないのでは…?」「んなわけないだろ!!」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「K-防疫は必ずしも失敗したとは言えません。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3HHyPUa

 

とある韓国人

K-防疫は必ずしも失敗したとは言えません。

「3T政策(検査-追跡-治療)」これが序盤は有効でした。

動線を追跡して明らかにし、個人の身元が分かるほど公開したので、素早い対応ができたんですね。

すぐに関連する人を探して人々に伝達するので、速やかな検査と隔離、治療が可能になりました、これは韓国だから可能だったんです。

「市民意識が落ちる未開の欧州、米国を見てください」 人々が協力をしないでしょう。

「中国のようにねつ造もせず、日本のように手放しであきらめたわけでもありません。

おかげで致命率が高かった初期に上手く捕まえられて死亡者は少なく重症者も少ないです。

オミクロン以前は、確診者はよく管理されていました。

デルタも善戦した水準です。

いずれにしてもオミクロンは風邪レベルの軽症で、むしろこれ以上広がれば自然免疫が形成されるので、今は解消するのが正しいです

世界的な傾向もそうです。

アメリカやヨーロッパは最初から諦めただけで、戦略があって解決するわけではありません。

我が国と風合いが違います。

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

いやいや大失敗でしょ

 

 

とある韓国人

失敗2

 

 

とある韓国人

失敗3

 

 

とある韓国人

失敗4

 

 

とある韓国人

失敗5

 

 

とある韓国人

韓国も戦略があって今の政策を行ってるとは思うけど。。。

 

 

とある韓国人

オミクロン株の対策に関しては、かなり苦戦してるね

 

 

とある韓国人

大失敗ですね。

 

 

とある韓国人

隠蔽しないだけまだマシか??

 

 

とある韓国人

今の政策、意味ないです。

 

 

とある韓国人

失敗以外の何物でもない

 

 

とある韓国人

2年間国民の皆が苦労して今この状態…何も残らない。

 

 

とある韓国人

国民が犠牲になってマスク手洗い防疫指針を徹底して耐えたのであって、当局がよくやったわけではない

 

 

スポンサーリンク