韓国人「サムスンが切り開いた “韓国半導体産業の歴史” が感動的な件」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「韓国の半導体産業は李秉普(イ·ビョンチョル)、李健熙(イ·ゴンヒ)のおかげ」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3uoZAt5

 

とある韓国人

韓国の半導体産業は李秉普(イ·ビョンチョル)、李健熙(イ·ゴンヒ)親子のおかげです。

70年か80年代にイ·ビョンチョルはシリコンバレーを訪問し、

「韓国も半導体産業を始めなければならない」と考え、サムスン半導体産業を発表しました。

その時、当時1位だったアメリカのインテルは、イ·ビョンチョルを精神病者扱いし、

日本では大笑いしながら日本のマスコミで「韓国が半導体産業で失敗するしかない理由5つ」こんなコラムを出して嘲笑しました。

しかし、それは仕方のないことです。

当時、韓国の大統領府でさえも「お前たちは潰れるかもしれない」って 止めたのですから。

そして、工場を建てて製品を作るのに数千億の赤字が出たとし、サムスン内部でも役員たちが強く反対したといいます。

でもイ·ビョンチョルとイ·ゴンヒの2人で、 反対意見を位押し切り進行したそうです。

その後イ·ビョンチョルがジョン·ジュヨンに会って「お前たち現代も国のために半導体事業をしろ」と誘って始まったのが現代電子で、それが今のskハイニックスです。

李秉普(イ·ビョンチョル)、李健熙(イ·ゴンヒ)が周辺の言葉を聞いて事業を畳んでいたなら、我が国の半導体産業はなかったはずです。

こういうのを見ると、イ·ビョンチョル、イ·ゴンヒは 現代のイ·スンシン級の業績を残したように

李 秉喆(イ・ビョンチョル、1910年2月12日 – 1987年11月19日)は、韓国の実業家。サムスングループを創業した企業家である。

秉喆の死後は三男の李健熙がその地位を受け継いだ。

Wikipedia

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

そんなに間違った言葉ではないようだ…

 

 

とある韓国人

李ゴンヒが推し進めたのです

 

 

とある韓国人

>>もちろんそれも否定しませんが、その後は李秉普(イ·ビョンチョル)も一緒に押し進めたんですね。

 

 

とある韓国人

ところで、どうしてハイニックスは現代からLGからskに移ったんですか。

 

 

とある韓国人

韓国半導体、そのうち買収される

 

 

とある韓国人

ジョン·ジュヨン、パク·テジュン、イ·ビョンチョルは大韓民国の偉人である

 

 

とある韓国人

負けて悔しがる日本の様子が目に浮かびますねww

 

 

とある韓国人

私はCEOよりオーナー制が成功の理由だったと思います。

 

 

とある韓国人

>>私もそう思います。

家族経営が最高です。

 

 

とある韓国人

>>家族経営は責任感、決断力があって、いつも未来を考えて果敢に経営します。

 

 

とある韓国人

>>韓国に適した経営方法で利益を上げ、世界規模の会社になったことは誇らしい

 

 

スポンサーリンク