韓国人「日本映画が韓国映画に押される理由は、日本人にある韓国映画への憧れ…」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「日本映画が韓国映画に押される理由」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3tf3JyV

 

とある韓国人

日本映画が韓国映画に押される理由

韓国の風景は映画によく似合うけど、日本の風景は映画よりも写真に写すほうが美しく映る。

韓国の場合、映画でもドラマでも消費者は無条件に韓国のものを見ます。

一方で、日本の映画好きたちは韓国映画に対する憧れのようなものがあるようで、韓国映画をよく見ます。

この問題について、皆さんはどう考えますか?

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

日本と韓国では徐々に差が広がっていったわけではない、

気づかないうちに一気に大きな差になっていましたね。

 

 

とある韓国人

日本独特のマンガ的な演出のためでしょう。

穏やかな日本映画はとても好きです。

 

 

とある韓国人

日本と韓国では映画に対する捉え方がぜんぜん違いますね。

 

 

とある韓国人

ブランド性や言語の問題もある。

けど、日本映画も面白いと思います。

 

 

とある韓国人

お金のせいでしょう。

日本映画はお金になりません。

主演俳優であって、映画1本の出演費が全然安い。

 

 

とある韓国人

これについて研究した専門家は多いんじゃないですか?

60~80年代の日本の漫画、音楽、映画はそれなりにうれていたはずなのに。

創作者の問題なのか、消費市場の歪曲のせいなのか… 私たちも理解する必要があります。

一つ確かなこと、人材が悪いというわけではないね。

 

 

とある韓国人

60~80年代、日本文化は圧倒的でした。

これが90年代-2000年代に逆転したのです。

日本の60~80年代は最強でした。

もちろん映画もね

 

 

とある韓国人

カンヌで受賞した「万引き家族」や今村昌平監督に対する日本人の態度を見れば、自ずと答えがわかります。

 

 

とある韓国人

風景の問題ではありません。

田舎の風景は日本が一枚上手だよ

 

 

とある韓国人

>>いや、風景の問題だよ

良い所をちゃんと探してロケすればいいのに。

 

 

とある韓国人

日本の映画学徒たちには、韓国の監督に対する憧れがあるんじゃないかな。

ただ、ユーチューブでは韓国映画がすごい!と言いまくり錯覚するけど、権威あるサイトのランキングには一つもランクインしないのが韓国映画の水準。笑笑笑

 

 

とある韓国人

風景は日本が一枚上手ですよね。

映画をとるシステム自体が古いからです。

 

 

とある韓国人

日本でいま人気のある監督が是枝裕和

その監督が明らかにしたところだと、日本では監督に渡るお金があまりない、大部分の人材がアニメーションにいってしまい、映画製作には人材が来ない、という話だよ。

韓国ほどには監督に権限を与える制作会社が少なく、監督のペイが少ないシステムになっているのに限界があるんじゃないのか

 

 

とある韓国人

今回のパクチャヌクの新作も、増村保造の影響を受けたようだけどね

 

 

とある韓国人

日本の映画はとても暗いです。

 

 

スポンサーリンク