【韓国の反応】韓国紙「韓国を批判していた日本、尿素水の価格が10倍に跳ね上がる」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のニュースサイトNaverから「韓国を批判していた日本、尿素水の価格が10倍に跳ね上がる」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/32btKEg

 

記事本文

先月、国内で尿素水の品薄現象が発生すると、韓国の供給網構造を批判していた日本でも品薄の兆しが見え始めている。

19日、朝日新聞やエネルギー専門メディア「リムインターナショナル」などによると、日本も先月から中国が尿素輸出統制措置を取り、品薄現象を経験したことが明らかになった。

朝日新聞は、「一部地域で尿素水不足の現象が現れている」とし、オンライン上の取引で1リットル当たり120円(約1253ウォン)で取引されていた尿素水が、最近10倍近く高い価格で取引されていると伝えた。

リムインターナショナルは10月半ばから中国の輸出規制により不足現象が続いており、日本国内の自動車用尿素水の主要供給会社である伊藤忠エネクス、三井物産、日本アクタンなどが出荷規制措置を強化しているため、懸念が高まっていると指摘した。

尿素水の品不足事態は最近、世界的な供給網の危機を受け、中国内で尿素原料の石炭不足現象が深刻化すると、中国政府が尿素輸出を制限したために起きたものだ。

韓国は毎年10万トン未満の尿素を尿素水に使用するが、2020年韓国の尿素総輸入量83.6万トンのうち、中国輸入量が66%に達した。

このように韓国の輸入依存度が高い理由は、尿素に必要なアンモニアを製造するための水素生産原価が合わないためだ。 水素は天然ガスを通じて生産できるが、現在、韓国は天然ガスを100%輸入している。

これに対し、日本はアンモニアの80%程度を自国内で生産しているとし、韓国の供給網構造を批判したことがある。 日本のディーゼル車の割合が少ないことも、尿素受難の心配をしなくていい理由に挙げられた。

しかし、一部の中国産完成品の尿素水に頼っていた日本の事業者らを中心に、少しずつ品薄の兆しを見せている。

さらに尿素水は自動車以外にも船舶や建設機械などで使われ、アンモニアは肥料などでも活用されるため、状況を楽観できないという主張も出ている。

チョン·スミン

 

 

 

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

10倍のジャンプなら大乱の前触れだね

 

 

とある韓国人

日本のことは気にせず、私達だけで頑張ろう

 

 

とある韓国人

イルポンたちが震えてる

 

 

とある韓国人

いいざまだ~~

 

 

とある韓国人

日本はいろんな分野で後進国だよ。

 

 

とある韓国人

日本はもう韓国より後進国ですから

こんな記事には興味ありません。

 

 

とある韓国人

日本が没落した理由を端的に示している。日本はもうお粗末だ。何の脅威にもならないww

マニュアル社会が崩壊したら、答えがなくなるんだよ

 

 

とある韓国人

価格が正常に近づいたら韓国から輸出する準備をしましょう

 

 

とある韓国人

兆しではなく、もう大乱だね

 

 

とある韓国人

まだ誰かを批判する余力があるようだ^^

 

 

とある韓国人

日本より先に進んでる分野があるねww

 

 

とある韓国人

土着倭寇たちは静かだね

 

 

とある韓国人

日本は尿素水の生産施設は多いが、原料は事実上中国から輸入に依存している。

 

 

とある韓国人

日本のコロナ死亡者1人、陽性者113人。韓国は?

こういうことを知らずに日本を卑下するのは、コメディですね。

 

 

とある韓国人

大丈夫、私たちにはコロナのK-防疫がある

今週1万人行くぞ!!

 

 

とある韓国人

でもこれって、韓国がもっと深刻になるって意味じゃない…??

 

 

 

スポンサーリンク