【韓国の反応】「韓流は、日本や香港とは違います。今後も世界のメインストリームを行くでしょう。」

人気記事!

オススメ記事!

韓国のネット掲示板MLBPARKから「文化韓流は、日本や香港映画とは違います。」という記事をご紹介します。

引用・翻訳元:https://bit.ly/3FAFq1l

 

とある韓国人

韓流は、日本や香港映画とは違います。

今後も世界市場においてメインストリームとして続くでしょう。

香港映画は北東アジアで少し輝いたが、 それさえも20年で寿命を迎えました。

日本は最初からアニメ限定でしたね。

韓国のように音楽、ドラマ、映画など多様な分野でヒットし、産業基盤として定着させた国は米国、英国のほかにはありません。

香港、日本と比較する理由がないでしょう。

韓流の基盤はすでに堅実で、持続的なヒット作は今後数十年は出てくるでしょう。

アメリカ、イギリスのコンテンツに飽きた世界の人々の最も強力な代案です。

管理人のオススメ記事!

スポンサーリンク

韓国の反応

とある韓国人

成功の秘訣は何だと思いますか?

 

 

とある韓国人

>> 全世界の人々の普遍的な共感コードを世界で最もよく攻略しています。

 

 

とある韓国人

良質の資本がどれだけ持続的に入ってくるかが重要だ。

香港は暗黒街の資金が量産型映画を強要したのが大きかったですね。

 

 

とある韓国人

>>韓国は比較的透明性の高い質の良い資本が入ってくる方なので、そちらを心配することはないでしょう。

 

 

とある韓国人

ウェブ漫画とかウェブ小説が発展しているのをみると、素材も多くある。

さらに、音楽に多様性を追加することもできるから、まだまだ伸びますね。

 

 

とある韓国人

香港映画が地域限定だと見るところからが間違ってます。

香港映画監督たちが、私たちよりずっと先に米国に進出して直接監督をしてヒットさせた作品が多数あり、俳優たちも活発に活動していた。

多くの映画祭で受賞歴もあるし、独特の技法と内容の面白い作品も過去にはかなりあります。

韓流に対して自負心を持つのはいいが、国粋主義に流れていかないように警戒しないと。

 

 

とある韓国人

>>アメリカには進出したが、今の韓国映画に匹敵するほどではありません。

 

 

とある韓国人

>> 香港映画はただ一つのジャンルでしかありませんでした。

韓流は音楽、ドラマ、映画、ウェブトゥーン、食べ物、美容など、様々な分野で大変な人気を博しており、アジア圏だけでなく、世界的にも大きな人気と影響力を発揮しています。

韓流と香港映画を比較するのは、韓流に対する激しい屈辱であり侮辱的なのである。 一言で言って、雲泥の差だからです。

さらに正確に言えば、香港映画の人気は80年代半ばから90年代半ばまででした。 約10年の人気でした。

一方で韓流は20年以上の人気があります。

 

 

とある韓国人

とりあえず今、制作費がアメリカ、イギリス、ヨーロッパに比べてとてつもなく安いからですね。

コストパフォーマンスが良いんです。

 

 

とある韓国人

香港映画の影響力は少し誇張されています。

アジア一の市場だった日本では反応がなかったし、一番大手だったという韓国でもビデオ市場が主力でしたね。

映画の限定ヒットですが、それさえも10年続きませんでした。

そして、香港が返還され、香港の映画人はハリウッドに多く渡ったが、足跡を残したと言えるのは・・・・。

 

 

とある韓国人

韓流コンテンツはドラマ、音楽、映画を行き来しながらアジアで10年以上扱われていますが、これは全盛期の日本もやってないし、加えて西洋でも足跡を残しています。

KPOPはビルボードでジャンルの中の一つにカテゴリー区分されます。

非英語圏文化の中でこんなに扱いをうける文化は珍しいです。

誰も思いもよらなかったことをやってしまったようですね。.

 

スポンサーリンク